2017年東京の花火大会と夏祭りのおすすめデートスポット穴場情報

2017年の東京の花火大会と夏祭りの日程や最新詳細情報です。付き合う前に花火大会や夏祭りに誘うのはアリ?上手な断り方や理由は?雨天時の開催についてや花火デートに使える穴場スポット、レストランやホテル。浴衣デートや浴衣を着たくない女子にもお役立ち情報など盛りだくさん!

MENU

隅田川花火大会は人混みを避けて屋形船・クルーズのデートがおすすめ

東京都内でも人気の花火大会の隅田川花火大会。人気だけあって人混みが本当に毎年すごいことになっています。

f:id:sleepytake:20170715181646j:plain

でも、デートで行くならできるだけ人混みを避けてゆっくりと過ごしたいと思いますよね? 隅田川花火大会を人混みを避けてゆっくりと楽しむ方法と言えば、屋形船やクルーズ。

 

水上から花火を眺めるのって、風情があって素敵ですよね。

 

2017隅田川花火大会が見えるホテル8選+2と予約前に知っておきたい予備知識 - 2017年東京の花火大会と夏祭りのおすすめデートスポット穴場情報

2017年の隅田川花火大会屋形船のお値段・予約状況は?

水上から花火を楽しむと言えば、屋形船が有名です。 でも、結構お値段が高いというイメージがありませんか? 実際のところの屋形船のお値段の相場っていくらぐらいなのでしょうか?

 

調べてみたところ、屋形船の多くは船の上で飲食をしながら花火を楽しむコースと船の上から花火を鑑賞するだけのコースの2つのプランがありました。

 

飲食ができるコースは1人当たり平均25,000~35,000円程度かかります。 花火を鑑賞するだけのコースは1人当たり最低17,280円程度かかるようです。 さすが屋形船、いいお値段しますよね? でも、乗船代+飲食代(飲み放題プランもあり)のお値段ですし、隅田川花火大会の辺りはホテルやレストランも花火大会価格になっているケースが多いですし、【食事をしながら優雅に隅田川の花火を楽しめる】ことを考えたら妥当なお値段設定とも言えますね。

 

ちなみに、花火鑑賞だけのコースの場合でも屋形船に自分達で持ち込みをしても良いのかどうかいついては、電話予約をする時に確認は必要です。

 

隅田川花火大会の屋形船の予約は、ゴールデンウイーク明けぐらいから予約が殺到するそうです。 屋形船は電話予約でできるだけ早く予約をするのがおすすめですが、実は7月に入ってからでも屋形船を予約できる可能性はあります。

 

隅田川花火大会に行けなくなったというキャンセルなどで随時屋形船の予約には変動があるので、屋形船を予約する際には1回の問い合わせで諦めずに何度も電話で問い合わせをしていると、タイミングによってはキャンセルがでて予約可能になることもあるそうです。

 ⇒ 屋形船東京協同組合

隅田川花火大会のクルージングのお値段と予約状況

クルーザーで隅田川花火大会を鑑賞するクルージングは屋形船とは違った雰囲気で水上から花火を楽しむ事ができます。 乗船するクルーザーの規模もクルージングによって変わりますが、基本的に屋形船と比べると大型で乗船人数も多くなります。

 

花火だけを楽しむクルージングよりも、食事+花火鑑賞がメインのプランになっています。食事のグレードによってクルーズのお値段も変わってきます。

 

食事+花火鑑賞の場合は1人当たり28,000~42,000円程度 花火だけを楽しむ場合は19,440円程度の料金設定が多くみられました。 クルーズによっては、食事だけでなく落語家さんの観光案内と小咄付きのお得なプランもありました!

 

屋形船と同じくクルーズも予約は早めにすることがおすすめですが、クルーズによっては、7月に入ってもまだ予約を受け付けている所もあるのでチェックしてみるのもおすすめです。

⇒ 隅田川花火大会 観覧クルーズ | 東京都観光汽船(TOKYO CRUISE)

⇒ 隅田川花火大会のチケットを買うならこちら  

 

隅田川花火大会を人混みを避けてゆったりとデートしたい場合は、水上から花火を楽しむと風情があって素敵な花火デートになること間違いなしです。

 

予約に出遅れて、7月に入ってしまった場合でもまだまだ屋形船・クルーズ共に予約の可能性があるので問い合わせをしてみるのがおすすめです。