2017年東京の花火大会と夏祭りのおすすめデートスポット穴場情報

2017年の東京の花火大会と夏祭りの日程や最新詳細情報です。付き合う前に花火大会や夏祭りに誘うのはアリ?上手な断り方や理由は?雨天時の開催についてや花火デートに使える穴場スポット、レストランやホテル。浴衣デートや浴衣を着たくない女子にもお役立ち情報など盛りだくさん!

MENU

浴衣デートで起こりがちな三大トラブルに気をつけて

花火大会や夏祭りと浴衣デートの季節がやってきました!

f:id:sleepytake:20170708185049j:plain

いつもと違う雰囲気のあなたにストレートに「可愛い♡」と褒めてもらえると嬉しいですよね。もし彼が褒めてくれなくても安心してください!きっといつもと違うあなたに内心ドキドキしているはずです♪

 

でも…浴衣デートには起こりやすい三大トラブルが潜んでいます!どんなトラブルが待ち構えているのかあらかじめ知っておくとちょっと用心するだけでRPG気分で楽々クリア!浴衣デートを思う存分楽しめますよ。

 

浴衣デートで注意:屋台の食べ物が思わぬトラップに!

花火大会や夏祭りに行く楽しみのひとつに屋台グルメがあります。かき氷・焼き鳥・焼きそば・タコ焼き・フランクフルトなど等思い出すだけでも美味しそうな食べ物ばかりです。

 

でも、この屋台グルメが浴衣デートのトラブルの原因になってしまう可能性があるの注意してください!

f:id:sleepytake:20170703170444j:plain

「美味しいね~♪」と話しながら無防備に食べていると…ぽたっとソースが浴衣に垂れてしまったり、知らない内に袖についていたり…。

 

せっかく可愛い素敵な浴衣を着てきたのにソースがベチャっとついてしまっては、テンションが下がってしまいますよね。しかも浴衣の色合いが淡い色だったら結構目立つシミになってしまいます。それに、浴衣デートをしている間中ずっとソースの美味しそうなニオイがあなたから漂っています。これではムードも台無しです。

 

たこ焼きなどのソース系だけでなく、フランクフルトなどケチャップ系や暑さで溶けてきたアイスクリームやジュースにも注意が必要です。

 

このトラブルを防ぐためには、浴衣は洋服よりも動きずらく手元が狂いがちですなので、いつもより動きずらいことを意識しながら注意して食べたり飲んだりするようにしましょう!

 

浴衣デートで注意:浴衣が着くずれしたけど直せない

浴衣デートの途中で着崩れてしまって直せくて困ったり、彼とホテルに行ったら帰る時になって浴衣の着付けができなくてぐちゃぐちゃのまま帰ったなど経験する女子もいるようです。

 

浴衣を着慣れていない女子はデート中に動いているとどうしても浴衣が着くずれてしまいがちです。致命的なトラブルにもなりかねない浴衣の着くずれは要注意です!

 

この浴衣の着くずれが直せないというトラブルを防ぐためには

  • 着付けの段階でしっかりと丁寧に着付けをすること
  • 帯の結び方を覚える又は着付けをしてもらう時にほどけにくい結び方をお願いする
  • 動く時には普段より控えめに動く。大股で歩くなどは絶対NGです。

究極に困った場合には、知らない人でも着付けができそうな女性助けを求めるという裏技もあります。

 

浴衣デートで注意:歩けなくなる

え?歩けなくなるってどういうこと?と思われるかもしれませんが、実はこのトラブルは意外と多いんです。

 

普段は履かない下駄や草履をはいて長時間歩いていると、下駄や草履で足を傷めたり、鼻緒で草履ズレ(下駄ズレ・鼻緒ズレ)を起こしてしまい歩きたくても歩けなくなってしまう女子がいます。

 f:id:sleepytake:20170708185601j:plain

歩けなくなるトラブルを防ぐには、太めの鼻緒の下駄や草履を選んだり、深く履かずに軽くかかとをだして歩くなどいくつか歩き方方にコツがあります。それでも、草履ズレ(下駄ズレ・鼻緒ズレ)を起こす可能性はあるので、絆創膏を持ち歩いて草履ズレ(下駄ズレ・鼻緒ズレ)かな?と感じたら早めに貼ってケアすることがおすすめです。

 

せっかくの浴衣デートを台無しにしないためにも、浴衣デートで起こりがちなトラブルをデートの前から予防して楽しいデートをしてください。