2017年東京の花火大会と夏祭りのおすすめデートスポット穴場情報

2017年の東京の花火大会と夏祭りの日程や最新詳細情報です。付き合う前に花火大会や夏祭りに誘うのはアリ?上手な断り方や理由は?雨天時の開催についてや花火デートに使える穴場スポット、レストランやホテル。浴衣デートや浴衣を着たくない女子にもお役立ち情報など盛りだくさん!

MENU

いたばし花火大会2017の日程と穴場5選、交通規制情報

「実力のいたばし花火」として隅田川花火大会と並ぶ東京でも大きな花火大会のいたばし花火大会。2017年は58回目の開催となります。

f:id:sleepytake:20170620102743j:plain

いたばし花火大会では名物のナイアガラの滝、大スターマイン、花火師競演が見どころです。どれも大迫力の花火を時間を忘れて見ることができます。

2017年の第58回いたばし花火大会の日程と穴場7選、交通規制情報を紹介します。

 

2017いたばし花火大会の日程

開催日時 2017年8月5日(土) 19:00~20:30
*小雨決行(荒天時は2017年8月6日(日)に延期)

開催場所 
荒川戸田橋上流板橋側河川敷 (東京都板橋区・都営三田線側)
*打ち上げ場所は国道17号戸田橋上流板橋側荒川河川敷(戸田橋から約1.5km西側)

アクセス
最寄り駅は都営三田線の高島平駅、西台駅、蓮根駅で徒歩各駅約20分

問い合わせ先
板橋区観光協会 03-3579-2255

いたばし花火大会穴場5選

1、板橋川一般席付近の芝生

いたばし花火大会の有料席近くにある芝生のスペースからは花火がとても綺麗に見る事ができます。でも、非常に混雑するので、場所取りは早い時間から行くのがおすすめです。

2、浮間公園

JR埼京線浮間舟渡駅の目の前にある公園です。視界をさえぎるものがない一面の芝生なので、レジャーシートを広げてみるにはおすすめです。

3、笹目橋付近

都営三田線西高島平駅から徒歩20分程度の笹目橋付近なら立ち見ですが花火がきれいに見えます。

4、オリンピックおりーぶ坂下店の屋上

地元の人が見る穴場スポット。毎年いたばし花火大会当日は駐車場を開放していますが、今年の駐車場開放についてはいたばし花火大会近くに確認してください。

5、浮間舟渡駅近くの隅田川の橋

橋の上から視界をさえぎる建物などがないので、花火がキレイに見えます。

【注意】
いたばし花火大会の穴場スポットで有名なスーパーイズミヤ板橋店は閉店しています。


グランドフィナーレ1276発 いたばし花火大会2016

いたばし花火大会の交通規制情報2017

いたばし花火大会は最寄り駅が複数あるので、交通規制の範囲も広くなっています。もし、いたばし花火大会に車で行く場合は交通規制時間前まで(17時前まで)にコインパーキングに駐車して徒歩で花火を見に行くことがおすすめです。交通規制が解除されても、人が多く車の運転には注意がいつも以上に注意が必要です。

交通規制時間帯
17:00~21:45頃

車両乗り入れ禁止区域

居住者証がないと車の通行ができない区域
新河岸川以北および中山道の東側一部(舟渡二丁目付近)、JR埼京線「浮間舟渡」周辺

居住者証があっても車の通行ができない区域
各最寄り駅から真っ直ぐに花火会場に行ける道路・花火会場側の道路は歩行者専用になります。


板橋花火大会は毎年多くの人でにぎわう花火大会です。混雑を避けるには臨時運行があるバスを利用することもおすすめです。