2017年東京の花火大会と夏祭りのおすすめデートスポット穴場情報

2017年の東京の花火大会と夏祭りの日程や最新詳細情報です。付き合う前に花火大会や夏祭りに誘うのはアリ?上手な断り方や理由は?雨天時の開催についてや花火デートに使える穴場スポット、レストランやホテル。浴衣デートや浴衣を着たくない女子にもお役立ち情報など盛りだくさん!

MENU

2017江東花火大会の日程と穴場5選!+有料席と屋台情報

荒川に浮かんだ台船から続々と花火が打ち上げられる江東花火大会。

f:id:sleepytake:20170512184016j:plain

打ち上げられる花火の数はそれほど多くはないのですが、打ち上げ場所の台船と花火を観覧する場所までわずか150m足らずの超近距離なので、間近で音を体感でき大迫力の花火を見ることができる花火大会として人気ですね!

例年30万人以上の見物客でにぎわう江東花火大会ですが、荒川の河川敷など好みの場所でシートを広げてゆったりと花火を見ることができるのが嬉しいですね!

2017年の江東花火大会の日程と場所取りに最適な穴場スポット、屋台情報を紹介します。

2017年江東花火大会の日程・雨天時の予定は?

今年2017年で35回を迎える江東花火大会の日程は下記の通りです。

開催日時 2017年8月1日(火) 19:40~20:30
荒天の場合 小雨時決行、荒天時(風速7m以上)は中止(順延日なし)

開催場所 荒川・砂町水辺公園(江東区東砂8丁目22番地先)

交通 東京メトロ南砂町駅から徒歩15分 
※当日は会場周辺で交通規制あり(17:00~21:30、土手通りは14:00~21:30※予定)

問い合わせ先 03-3647-4963 江東区地域振興課区民交流担当

公式HP⇒江東花火大会|江東区

 

東京都心の花火大会ともなると、大混雑で花火会場に行くまでの人混みや場所取りで疲れてしまいますが、この江東花火大会は比較的混雑が少なめの花火大会なのでゆったりとしながら花火を鑑賞できるので関東の花火大会の中でもおすすめの花火大会です。

しかも、打ち上げ場所から150mと近距離なので、花火を打ち上げる音も体で感じながら大迫力の花火を見る事ができます!

江東花火大会の最寄り駅

江東花火大会が開催される荒川・砂町水辺公園の最寄り駅や交通手段・交通規制情報は…。

江東花火大会の最寄り駅

東京メトロ東西線 南砂町駅(2番A又は3番出口)徒歩15分

都バスを利用する場合

JR亀戸駅から(乗車場所:亀戸駅北口)

亀21(東陽町駅行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分
亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」」停留所下車 徒歩6分
亀29(西葛西駅・なぎさニュータウン行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

都営新宿線 西大島駅から

乗車場所:A3出口側の新大橋通り沿い

亀24(大島駅経由・東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分
乗車場所:A4出口側の明治通り沿い

両28(境川経由・東砂6丁目行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分
亀29(西葛西駅・なぎさニュータウン行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

都営新宿線 大島駅から

乗車場所:A6出口側の丸八通り沿い

亀21(東陽町駅行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分
乗車場所:A2出口側の新大橋通り沿い

亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分

都営新宿線 東大島駅から

乗車場所:大島口側の番所橋通り沿い。停留所名は「東大島駅入口」

亀24(東砂6丁目行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分
乗車場所:駅前ロータリー内 1番乗り場

門21(門前仲町行)「東砂5丁目」停留所下車 徒歩6分
清澄・白河・扇橋方面から

秋26(葛西駅行)「東砂6丁目」停留所下車 徒歩6分

 

江東花火大会の最寄り駅の「南砂町駅」は小さ目の駅なので、駅構内はそれほど広くありません。

なので、毎年平日開催される江東花火大会では仕事帰りの駅利用者と重なり特に帰りは混雑してしまいます。(都バスでも同じく混雑必須)

帰りの混雑を避けるには、帰宅時間をずらすか、都営新宿線「東大島駅」や「大島駅」まで歩いて帰りの電車に乗るのがおすすめです。

 

交通規制情報

江東花火大会当日は会場周辺で交通規制が行われます

交通規制開始時間 17:00~21:30、土手通りは14:00~21:30

葛西橋・清砂大橋は通行が可能です。


江東花火大会2016 Koto fireworks

江東花火大会の有料席・屋台情報

江東花火大会では、珍しく有料席はありません

なので、早朝から場所取りをする人も多くいるので、良い場所で花火を楽しみたい場合はかなり早めの場所取りが必要になってきます。

注意して欲しい点として、場所取りをする場合には、花火設営の妨げになったり、芝生をいためてしまう可能性があることから前日以前からの場所取りは禁止になっています。

江東花火大会の屋台は?

多くの人でを見込んで江東花火大会でも屋台は出店しますが、花火大会近くでの屋台は禁止されています。屋台が出店している場所は、「南砂町駅近辺の東西線線路沿い」です。

また、屋台は上記の場所にしかないので、混雑するかもしれません。花火鑑賞の場所に行く前に屋台グルメを購入することがおすすめです。

江東花火大会穴場5選

1.荒川・砂町水辺公園の上側・下側

花火大会のメイン会場の荒川砂町水辺公園ですが、少し大きい公園(東京ドーム約2個分くらいの敷地面積)なので、公園の上側と下側の方は比較的空いている場所もあります。

場所によっては花火大会は始まってからでも場所取りが可能場場所もあります。花火を近くで見たい人にはベストスポットだと思います。

2.葛西橋通り付近(江東区側)

荒川砂町水辺公園の北側にある葛西橋通りは、花火大会最寄り駅の南砂町駅から離れていることもあり、空いている穴場です。高い建物も周辺にはないので、花火がキレイに見られます。

3.首都高速下の土手(西葛西側)

荒川砂町水辺公園の川を挟んだ反対側の取得中央環状線の下の土手です。広い土手なので、午後からでも場所取りが可能な場所もある穴場スポットです。

4.清砂大橋

打ち上げ場所の下流にある橋の上です。レジャーシートを敷いてゆっくりと見ることはできませんが、視界を遮る建物などは一切ないので立ち見ですが、キレイに見る事ができます。

また、写真を撮影するにもおすすめの場所です。

5.葛西橋

こちらは打ち上げ場所の上流にかかっている橋です。こちらも視界を遮る建物はないので、花火をキレイに見る事ができます。ただ、こちらも座ってみることはできません。


今年も江東花火大会の素晴らしい花火が楽しみですね!